明治44年創業、質屋和田屋の公式HPです。

現在三代目、オーナー家全員・スタッフもアメリカ宝石学会の宝石鑑定士です。質屋、宝石店、ブランドリサイクル販売店を営んでおります。全国質屋協同組合・藤沢質屋組合に加盟しております。買取は質屋和田屋へ!


店頭にご来店のお客様へ

各店舗の営業時間は夜19時までになります。買取・質入れ・他ご相談などでのご来店は遅くとも18時30分までに越しくださいますようお願いいたします。19時直前のご来店は事前にご連絡をお願いいたします。


FACEBOOK

Twitter





リンク



4月の誕生石

 

ダイヤモンド

 

和名:金剛石

石言葉:永遠の絆・純潔・不屈

モース硬度:10

 

炭素同素体の1つであり、実験で確かめられている中では天然で最も硬い物質である。

結晶構造は多くが八面体で、十二面体六面体もある。

宝石研磨材として利用されている。

 

4C・・ダイヤモンドの品質を知るための指標としてGIA(アメリカ宝石学協会)が考案したもの。色(カラー)、透明度(クラリティ)、カラット(重さ)、カット(研磨)によって品質を評価する。ラウンドブリリアントカット(58面体)に対してカット評価がされるので、他のカットの場合、カットの種類しか鑑定書に記載されない。

 

ダイヤモンドは無色透明のものよりも、黄色みを帯びたものや褐色の場合が多い。結晶構造の歪みや、窒素 (N)、ホウ素 (B) などの元素によって着色する場合もある。無色透明のものほど価値が高く、黄色や茶色など色のついたものは価値が落ちるとされるが、ブルーやピンク、グリーンなどは稀少であり、無色のものよりも高価で取引される(緑はドレスデン・グリーンのように、放射線を長期にわたって受けたためである事が分かっている。ピンクは結晶構造のひずみによる)。

 

≪Wikipediaより抜粋≫